犬に躾は必要ありません。

犬に必要なのは、ルールです。

躾などといった曖昧で感情的なものではなく、明確なルールです。

わかりやすく、簡単な方が良いです。

ルールですから、それぞれ犬を飼う環境で必要なものを決めれば良いです。

例えば、吠える事についても様々です。

街中であれば、吠えることが全く駄目な場合は多いでしょう。

少し田舎になれば、誰か家に来たときに吠えて知らせる必要も有ります。

番犬になれば、とにかく何にでも反応して吠える必要が有ります。

トイレにしても必ず室外でさせる場合もあれば、室内のトイレシーツでさせる場合もあるでしょう。

ただ注意が必要なのは、社会との関わりを考慮する事です。

住宅密集地で大型の番犬は、周囲との関係が成立しません。

トイレもトイレシーツでしないと、ペットホテルが難しくなります。

それらを考えた上で、飼い主と犬に必要最低限のルールを決めましょう。

ルールは継続一貫して、根気良く練習します。

躾ではないので、感情的になったり周囲の目を気にする必要も有りません。

体罰とゆう言い訳で、「犬をたたく」暴力も必要有りません。

体罰によっておとなしくなる、命令に従うようになると言う人もいますが間違いです。

それは、暴力を受けた側が生命の危険を感じて抵抗を止めた状態です。

ムチに愛など有りません。

投稿者:

kuni

JKC公認 A級トリマー トリミングサロン経営