犬の歯磨きと歯石

犬の歯磨きは、自宅で飼い主がしましょう。

毎日、歯磨きをしないと効果はありません。

そのため、当店では犬の歯磨きはしません。

また、犬の歯石は歯磨きでは取れません。

歯磨きで多少の予防効果はありますが、定期的に取る必要があります。

必ず獣医で取ります。

場合によっては、麻酔をする事もあるからです。

ペットショップや、犬の美容室では出来ません。

バリカンは肌に合わない

アレルギーの症状が、犬の皮膚に出ている場合。

トリミングにおいて、バリカンの使用は避けたほうが良いです。

バリカンの刃の熱や金属が当たる事により、皮膚の状態が悪くなる場合が多いです。

さらに、毛が痛み毛質も変ります。

そうすると綿毛が無くなり毛量も減り、皮膚に日光が当たりやすくなります。

皮膚を傷めることだらけです。

ワクチンは毎年接種

当店では、ワクチンの接種が必要となっています。

毎年、ワクチンを接種して下さい。

まれに子犬の時に接種して、その後は接種していない方がいます。

「うちは、家から外に出さないから」

いえ、犬のトリミングに犬だらけの場所に行くわけですから。

犬のトリマーになる事を考えている人へ

犬のトリマーを目指す人は、女性が多いです。

その人たちに参考までに。

ずいぶん前の話ですが、トリマーの業界で指導的な立場にあった人が言った事。

「生理だからって、言い訳にならない。」

「仕事(トリミング)には関係ない。」

言ったのは男性です。

トリマーを目指す人たち、しかもほぼ女性の前でした。

生理中のトリマーは、精神的に落ち着かず体もしんどいです。

さらに臭いに敏感なオス犬の場合は、犬も興奮したり落ち着かない場合があります。

ペットやトリミング、動物関係の業界の社会的意識は非常に低いです。

それを前提に冷静に考えて下さい。

犬の為にと無理をしません

当店では、犬のトリミングでもペットホテルでも無理はしません。

これを怠ると過度のストレスがスタッフにかかり、犬を雑に扱い暴力を振るうようになります。

それを防ぐために休みをとり、余裕を持って作業をします。

トイプードルの毛質が改善

特別なサプリメントやドッグフードを食べさせるわけでは有りません。

当店で定期的にトリミングを御利用して頂くだけです。

無理の無いブラッシングと毛玉やモツレの処理。

無駄の無いシャンプー。

ハサミを使用したトリミング。

これらによって、毛の密度が増えて柔らかいのに腰がある毛質になります。

ことにトイプードルは実感します。

トイプードルのスタイル

もともとトイプードル専門で、ドッグショーにエントリーをしていました。

最初は東京を中心に、岡山に帰ってからは中・四国と関西で。

その為トイプードルのトリミングの基本は、ショークリップとなります。

そこからペットの為のスタイルで、ペットコンチネンタル・クリップやラム・クリップなどのベーシックなものから、マズルの特徴を考慮して顔をクリッピング(バリカンで剃る)をしない、足を剃らない等のバリエーションがあります。

テール(尻尾)についても、ポンポン(球状)にしたり棒状にしたり。

耳の毛も、長くしたり短くしたり先端だけ残したり(タッセル)。

いろいろなご要望を伺えます。

また、こちらから手入れのしやすさを考慮したご提案も致します。

率直に相談して下さい。