動物取扱責任者研修

11月でしたが、毎年ある動物取扱責任者研修に行きました。

今年も講師を招いての講義と、プリントの問題に解答して提出でした。

ひとつ変わったのは、VTRを見たこと。

相変わらず現状の問題を討論しあうことも無く、半日を費やしての無駄でした。

講義の内容も、大学の教授による新入社員研修のような物やロイヤルカナンのフードの宣伝みたいな過去の物よりはマシな程度でした。

法改正等の重要な事は、書留で資料を送ればすむ事です。

研修に時間をかけるより、保健所職員がブリーダーや保護施設に立ち入り調査をして改善の勧告をする方がペット業界の向上になります。

不明ペットの拡散

当店では、不明ペットの張り紙や問い合わせには協力しません。

ペットの情報を手掛かりに、DV(ドメスティックバイオレンス)やストーカーの加害者が被害者の居場所を探す恐れがあるからです。

だからSNS等での拡散もしません。

トリミングや美容で来店した犬や飼い主の画像、名前も出しません。

嫌がらせや、ペットをネタにした犯罪に使われる恐れもます。

1度でもインターネットで拡散すると消すのは困難です。

管理できるのは5匹まで

犬も猫も多頭飼育の問題が出ています。

問題の解決方法。

専属の管理者1人につき、飼育頭数を5頭までに制限。

ブリーダー、ペットショップ、犬猫保護施設。

全てに適用すれば解決します。

生き物に値段を付けて売る

縁あってペットショップを始めましたが、やる前からペットを売る事が嫌でした。

それでも、まともなペットショップが1軒位は日本に有ったほうが良いだろうと考えて運営していました。

少しでも、ペット業界がマシになればと。

だから、仕入れた子犬に5千円から1万円の金額を上乗せして販売価格を設定。

獣医による健康診断、ワクチンの接種、ダニや寄生虫の駆除、これら全部の費用は店の負担。

金儲けどころか、子犬を売れば赤字でした。

仕入先の店やブリーダーには、子犬に問題が有れば連絡。

でも、まったくペット業界が良くなることは有りませんでした。

そうこうしているうちに、子供が生まれて親になって。

ある時子供から、ペットを売る事は人身売買と同じようなものではないか?

疑問を投げかけられ、全くそうだと思いました。

子供に説明できない事をしても良いのか?

ペット(生体)を売るのを止めました。

猫の真菌症

わかりやすく、猫の真菌症で表現をします。

真菌症は、人間の水虫と似たような感染症です。

猫の真菌症は、もともとは日本には無かったようです。

それが、60年代か位に販売目的で輸入した長毛の猫(ペルシャ猫と言われている)が元で広まったと考えられています。

問題は猫だけでなく、犬や人間にも感染することです。

特に犬には感染しやすいようで、金儲けの為に犬と猫を一緒に繁殖しているブリーダーを介して犬にも広まりました。

猫の真菌は強力で、塗り薬では治りづらく服薬する場合があります。

服薬用の薬はきつく、妊娠中は使用できず肝臓に負担がかかるそうです。(今は良い薬があるのでしょうか?)

また真菌の生命力も強くて、乾燥状態で数年生きることが出来ます。

症状は脱毛やフケ等ですが、感染していても症状が現れず保菌者となり、周りに菌をまく場合があります。

特に長毛の猫は保菌をしている場合がほとんど、とゆう調査もあります。

体にリング状の腫れが出来たり脱毛をしたら、早く皮膚科を受診したほうが良いです。

その際医者に、ペットを飼っていることや猫を良く触ることを伝えましょう。

子犬が何匹いますか

子犬を販売していた頃、良く問い合わせの電話がかかりました。

大量に陳列された店で、子犬を買いたいのでしょう。

しかしその事が、子犬の健康状態を悪化させたり死亡させたり。

売れ残る可能性も高くなり、山へ捨てられたり。

無理な販売や飼育状況を生んでいます。

販売用の子犬の管理は、非常に大変です。

朝一番に各子犬の状態を確認。

低血糖を起さないように、すばやく餌を同時に与えなければならず。

健康診断、予防注射、健康状態の悪い子犬の通院は分けてしなければならず。

ブリーダーで事前に健康状態を確認している事は無いので、仕入れた子犬は全部店でする必要がありました。

そのため私でも、一度に管理可能な子犬はせいぜい5匹まで。

トイプードルやマルチーズの出産経験があり、優秀な獣医師の支援があってもです。

ましてや経験や知識にとぼしく理念も無い若い販売員には無理な話で、それを押し付ける経営者に問題があります。

もちろん売る側に問題はありますが、子犬をプロダクト製品のごとく認識する買う側の問題もあります。

これはペットショップに限らず、ブリーダーも犬の保護施設も同じです。

もう、立ち止まる時です。

アレルギーのある人

犬や猫、ウサギ、小鳥といった毛のあるペットを飼うのは止めましょう。

多くの人が困っている、花粉症やホコリのアレルギー等は状態が悪化します。

私はアレルギーが無かったのですが、トリマーを始めて犬も飼うことによって発症しました。

犬上皮、いわゆる犬のフケに強く反応が出ました。

それによって花粉症もひどいものとなり、アルコールやホコリにタバコの煙等と増えて行きました。

ましてや何らかのアレルギーをすでに持っている人は、ペットは避けるべきです。

ゴミを出したくない

商品の廃棄、ゴミを出したくありません。

その為、店の在庫は極力少なくしています。

取り寄せが可能な商品も有りますが、日にちが必要となります。

当店でトリミングに使用する物は、在庫が有ります。

シーズー犬

シーズー犬の子犬を飼うことを考えている方へ、考慮する点をいくつか。

茶色の色、ゴールドの毛色は皮膚疾患が非常に多いです。(当店の地域では殆ど)

油っぽい脂漏性のうえ、粘りのあるフケがでます。

年齢が進むと体の各部が腫れ、脱毛も酷くなります。

そのうえ、ニキビダニによるアカラス症の発症も多いです。

これらは遺伝が関係していて、白黒の毛色ではあまり見ません。

鼻の短い独特な顔立ちのため鼻に水が入りやすく、目ヤニが多くて耳の中は腫れて膿む。

そのためトリミングやシャンプーを嫌がり、攻撃性が強く扱えない場合もあります。

こだわりがなければ、ゴールドの毛色は避けたほうが良いと思います。(特にオス)