短いほど犬の毛は多く抜ける。

子犬を販売していた頃、客によく質問されました。

「子供に喘息があるので、毛の抜けないチワワかダックスが良いんですすが。」

いえ、間違えです。

毛の短い犬種ほど、良く毛が抜けます。

毛が伸びて抜け落ちる周期が短いから、毛が短いんです。

毛の抜ける周期が長ければ、ヨークシャーテリアなどのように地面に着くまで毛が伸びます。

毛が長くなり、綿毛の少ない犬種は抜け毛も少ないです。

しかし、残念ながら毛の抜けない犬種はいません。

喘息や気管支が弱い場合は、犬を飼うのをお勧めしません。

子犬を安く買いたい。

方法は簡単です。

今から半年の間、誰も子犬を買わない事です。

来年には全犬種の子犬の値段は、無料から2万円以内になるでしょう。

たった半年です。

待ちましょう。

営業時間の短縮。

現在、営業時間は夕方の6時までです。

以前は、夜の7時まででした。

営業時間の短縮により、従業員の負担を減らすことが出来ました。

これは、犬の美容(トリミング)とゆう神経を使う仕事をする上で必要で有効な事です。

精神的にも肉体的にもゆとりがあれば、犬に対して落ち着いて対処が出来ます。

ご利用頂く上で不便になる場合も有りますが、ご理解をお願い致します。

メジロは売っていません。

最近、国産メジロを違法に飼育して警察に捕まったニュースが有りました。

そうすると何故か「メジロは販売していますか」と、問い合わせの電話が当店へかかって来ます。

当店では、鳥の生体は販売していません。

鳥の餌や鳥かごは販売していますが、一般家庭向けのものです。

野鳥を捕獲する、「かすみ網」や「鳥もち」などの違法な商品は販売していません。

野鳥は身近で感じるもので、捕ったり追い掛け回すものではありません。

犬に咬まれる。

前回の「犬をたたかない」に関連しています。

当店では、犬の美容及びトリミングで犬が咬む場合はサービスを断ります。

ここからはトリマー、特に雇われている人への話です。

犬に咬まれるのは、咬む犬が悪いです。

従業員としてトリマーをしている場合に、犬に咬まれて怪我をしたら。

労働災害だと思います。

保障を求めて当然だと思います。

しかし、「犬に咬まれても咬まれる方が悪い、むしろ犬に咬まれたのはトリマーとして恥ずかしい事だから人に話してはいけない」。

こんな事を平気で公言する経営者も居たし、大多数のペットショップの経営者は改善をしようとゆう考えも有りません。

トリマーの人へ、暴れる犬を無理をして美容をしても何も良くは無いです。

あなたが怪我をしても、犬の飼い主も経営者もなんとも思いません。

仕事は選びましょう。

大事なのは、あなた自身です。

犬をたたかない。

クニタカ犬の美容室では、犬をたたきません。

たたかなければ犬の美容やトリミングの作業が出来ない犬は、お断りいたします。

たたいて犬の躾は出来ません。

たたくのは躾ではありません。

ただの暴力です。

たたくと犬との関係は損なわれます。

たった一度で悪くなった、人と犬の関係を修復するのは難しいです。