理論的なトイプードルのトリミング。

トイプードルのトリミングのスタイルは色々あります。

最近のスタイルは奇抜なものも増えました。

もともとのクラッシクなスタイルも、体の後ろをバリカンで刈ったりします。

しかし、クラッシクなスタイルには犬の体の保護を目的とした理論があります。

一つの例として、ブレスレットです。

足をバリカンで刈りますが、関節の周囲は楕円形に毛を残します。

これは犬の足の関節を保護する為です。

老犬などで毛が薄くなった時に、関節部分の毛がなくなると床ずれを起す場合が多いです。

足の毛を極端に短くしたりバリカンで刈ってしまうと、若い犬でも関節を痛める恐れがあります。

話題性や画像としての面白さを追求して、犬の健康を害するトリミングは当店では致しません。

トイプードルのトリミングは、犬の過ごしやすさと見た目のかわいらしさのバランスをとる事が大事です。

A級トリマーの意味は、トリミングの理論を理解している事です。

投稿者:

kuni

JKC公認 A級トリマー トリミングサロン経営