犬のブリーダーとは。

日本に犬の「Breeder」は、まずいないと思います。

ほぼ、パピーミルか犬のブリーダーです。

20年以上前に雑誌で読んだコッカースパニエルが専門の方は、犬の「Breeder」に近かったです。

その方の方針は確か以下だったと思います。

1、子犬を販売しない。

2、自分のブリーディングの方針から外れた犬は、避妊及び去勢の後に無料で譲渡する。

3、譲渡の犬の血統書は渡さない。

4、譲渡者とは譲渡後も関係を保つ。

5、メス犬の繁殖相手のオス犬は、病気の検査をした信頼できるグループ内でしか行わない。

6、問題が見つかった犬は、ブリーディングから直ぐにはずす。

犬の「Breeder」の目的は、「犬の質の向上」です。

営利目的では、ありません。

だから日本語の犬のブリーダーは、犬の「Breeder」では有りません。

残念ながら私の周りでは、犬の「Breeder」を見たことがありません。

私には、ブリーダーとパピーミルの違いがわかりません。

老犬のトリミング(犬の美容)は手早く。

7歳から10歳を過ぎれば老犬です。

体力も低下しますし、目や足などの衰えも出てきます。

心臓や泌尿器などの内疾患に癌。

メスであれば、多いのが子宮蓄膿症。

犬の美容やトリミングの作業前に飼い主から伺うのは当然ですが、その時の状態によって作業の中止も必要です。

そして作業で一番大事なのは、早く済ませる事。

無駄な物、作業はしません。

老犬以外の犬にも同じですが、老犬は特に。

時間短縮のための、事前の毛のカット。

汚れの状態に応じたシャンプー。

汚れやすい所を重点とした、手入れの楽なトリミング。

何よりも同じトリマーが毎回作業をする事による、犬との信頼関係と癖の把握による時間の短縮。

基本が一番です。

それを日々考えて地道にしています。

ゆえに当店ではしない作業があります。

効果もなく時間がかかって老犬の体調に影響する、マイクロバブルや薬剤への漬け洗いはしません。

リボンやチョーカーなど、事故につながる物も老犬に付けません。

犬のトリミングには理由がある。

犬のトリミングには、部分部分で犬の毛を残す場合があります。

その内の一つが、目の上の毛です。

ここの毛は、目にかぶる位で残すほうが良いです。

残す目的は、犬の目の保護です。

日中の太陽の強い日差しや紫外線が、直接目に入りにくくする為です。

ちょうど帽子のつばの役目です。

それによって、犬に多い白内障などの目の病気を多少でも予防する為です。

だから私たちの店では、犬の飼い主の要望が無い限り目の上の毛は残します。